日本共産党和歌山市議団の活動[議会と市会議員の近況・・・


by jcpsigidan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:姫田 高宏( 27 )

a0041579_147497.jpg 1月20日(金)和歌山地方裁判所で年金裁判が始まりました。全日本年金者組合和歌山県本部の呼びかけで、103人の方が原告になった裁判の第1回公判ということで、たくさんの傍聴者をという呼びかけもあり、日本共産党市会議員団も、森下団長を先頭に、松坂、中村議員と、私、ひめだも出かけました。事前に傍聴者が多いので抽選ということで、12時半から15分間抽選券が配られると聞き、初めて裁判所で並んだのですが、その抽選券は裁判所の職員の手で右手首に巻かれたリストバンドでした。私は、始めからくじ運がないので当たらないと思っていましたが、予想通りハズレ。市議団で当たったのは中村あさと議員だけでした。やはり彼は何か持ってるようです。裁判の最初は書面のやりとりが事務的に行われるのが通常で、13時半から短時間で行われたあと華月殿で報告集会が開かれる予定です。せっかくもらったリストバンド仕様の抽選券の写真を撮りました。私は121番、松坂議員は123番でした。122番は当たりだったので、私たちは何か持っていないようです。
[PR]
by jcpsigidan | 2017-01-20 13:57 | 姫田 高宏

原発ゼロのイレブン行動

 4月11日(月)午前11時から12時まで、JR和歌山駅前で原発ゼロをめざす和歌山県民の会が署名宣伝行動をするのでと、日本共産党市議団にも声をかけていただきましたので、今回は私、ひめだが参加させていただきました。東日本大震災から5年たった今も、福島原発は壊れたままで後始末さえ出来ない状況です。放射能汚染で、多くの住民が避難生活を強要されています。こういう現状を見るならば、やはり原発に頼らないエネルギー政策への転換が必要だと思います。私自身の署名の訴え方がうまくなかったのかもわかりませんが、1時間の間に署名をしてくれた方は5人でした。全体に事故直後の熱を感じませんでした。そういう中で゜も会のみなさんは、毎月11日に署名宣伝行動を続けているということでした。たいしたもんです。(文責・ひめだ高宏)
[PR]
by jcpsigidan | 2016-04-13 13:29 | 姫田 高宏

ニコラスくん

 11月3日祝日の土曜日、午後からプラザホープで和歌山視力障害者の生活を守る会結成50周年記念行事(コンサートと講演とレセプション)が行われ、日本共産党和歌山市議団代表で、私、ひめだが出席させていただきました。ちょっと遅れて会場に着きましたが、来賓席に案内されました。岡崎会長のあいさつがあり、来賓として県の障害福祉課長があいさつされ、そのあと紹介されたのは、a0041579_1851297.jpg私のすぐ横のイスにすわっておられた全日本視覚障害者協議会の会長の田中さんがあいさつのために立ち上がったときに、私はビックリしました。というのは、それまでまったく私は気づかなかったのですが、その田中さんは盲導犬を連れていたのです。うすい茶色が少しかかった白く大きい犬でした。田中さんが立ち上がると同時に音もなくスッと立ち上がったその時までまったく気配を感じてなかったし、私はこれまで盲導犬のとなりに座ったことなどなかったからです。
 あいさつのあとに始まったバイオリンとチェロの演奏会がありました。1曲目こそ、その犬は耳をピクピクさせて聞いているようでしたが、2曲目からは最後までその演奏を子守歌にしているかのように眠っているようでした。その様子は、息をひそめて主人を見守る忍者のようでした。田中さんの話では、その犬の名はニコラスと言い、この春に盲導犬としてデビューした2才の男の子とのことです。その後、田中さんのトイレにつきあったり、ニコラスくんのトイレにつきあったりさせてもらいましたが、犬の2才をヒトの年齢に換算すれば24才ですから、青年ですが、若さに似合わぬ落ち着きで本当によく訓練されていることに感心しました。(ひめだ高宏)
 追伸 渡辺市議から「ブログを書いてよ。ひめだは元気かと聞かれるよ」と何度も言われております。すみませんでした。元気です。50周年祝賀会の感想は次に回します。あしからず。
[PR]
by jcpsigidan | 2012-11-03 18:56 | 姫田 高宏

「幸せな時間」

 a0041579_18054100.jpg最近、週2回ほど「しんぶん赤旗」日刊紙の配達で毛見の方をまわります。海南から内原~紀三井寺団地~毛見を流れる亀の川沿いをバイクで走っていると、ふいにパンを焼く香ばしくていいにおいが漂っている箇所があります。そのにおいを嗅ぐたびにいつも「いいなあ」と思い、「焼きたてのパンを買いたい」と思います・・・ただ当然、朝の早い時間に店が開いているわけでもなく、「また今度買いに来よ」と思うわけですが、結局しんぶん配達が終わる頃にはすっかり忘れてしまっており、パンを買いに行ったことは一度もありません。近所にお住まいの方は、どう思っているのか知りませんが、私には、ほんの数秒のこの香りを嗅ぐ時間がとても貴重な「幸せな時間」だと思われるのです。(ひめだ高宏)
[PR]
by jcpsigidan | 2012-08-13 18:03 | 姫田 高宏

脱皮中!!

 7月15日(日)は日本共産党の90周年の創立記念日でした。私は、土入の市民テニスコートで開かれた新日本スポーツ連盟(新スポ連)テニス協議会のクラブ対抗戦に所属している「タートル」チームの一員として出場。例年なら5月の連休あたりで着用する半ズボンですが、a0041579_1055773.jpgその頃涼しかったせいか、あまりその時期にやらなかったせいか、わずか3か月もたっていないのに定かな記憶がありませんが、とにかく今シーズン初めての半ズボンで行きました。新スポ連のクラブ対抗戦の予選は、3~4チームのリーグ戦(ダブルス3戦)でABCの組み分けをして、本戦はABC別のトーナメント(同上)を行います。私が行う草テニスの試合というものは、試合の時間より待ち時間の方がだんぜん長いわけですが、じっと座っているだけでもジリジリと焼けるような暑さで、試合が終わって気がついたときには、両足のふとももの半分から足首まで、クッキリと真っ赤に日焼けしたのです。5月頃の日焼けとはちょっと違いました。それから1週間たって、ついに脱皮が始まりました。脱皮したヘビの皮を財布に入れておくと金運がアップするというような話がありますが、私の皮にはそんな効用はまったくなく、その模様をお見せすることもできません。
                                               (ひめだ高宏)
[PR]
by jcpsigidan | 2012-07-22 18:45 | 姫田 高宏
 Y1「よっ!久しぶりぃ。元気にしとった?」Y2「ウン。まぁ」Y1「せっかく外に出てきたのになんか、蒸し暑いなぁ」Y2「そやな」Y1「けど風があるだけましかもわからんな」Y2「家の中に比べたらまだこっちの方がましかもな」Y1「九州のほうはすごい雨やてなぁ。ここらへんは大丈夫やろか」Y2「そうやなぁ。わからんけど大丈夫ちゃうか」。a0041579_1240589.jpg梅雨の晴れ間に・・・曇り空ですが、洗濯物を外に干しました。ふと見てみると、Yシャツ同士がなにやら仲良さそうに話をしていましたので、聞き耳をたてますとこんなような会話をしているようでした。この前のブログで、かつて経験したことのない大雨を少しは経験してみたい・・・みたいなことを書きましたが、おわびして訂正します。やはり経験したことのない大雨は、経験のないまま過ごせたらと思います。大勢の方がお亡くなりになりました。地震のときにも台風や竜巻のときにも思いましたが、自然の猛威をかわす術を私たち人間はまだまだ持っていないのだと思います。このごろの梅雨どきの雨の降り方は、私が子どもだった頃とはずいぶん違うような気がします。50年を超えた昔のことですが、私がまだ幼稚園にも行ってなかった頃、梅雨どきにシトシト降る雨の雨粒が屋根からポツンポツンと落ちてくるのをずっと見ていた記憶があります。当時はテレビもなく、外で遊べない雨の日はそうしてずっと窓から落ちてくる雨を見ていた気がします。母親と2人で過ごしたある日の光景が時々フッとよみがえります。(ひめだ高宏)
[PR]
by jcpsigidan | 2012-07-14 12:42 | 姫田 高宏
 きょうは雨、市役所の市議団室に来るためにバイクに乗って走り出すと雨ガパラパラ降ってきました。お城端あたりでは霧状の雨に、いまさらカッパを着るのもとそのまま走ってきましたが、すっかりズブ濡れになりました。a0041579_1250142.jpg今朝もしんぶん赤旗日刊紙の配達のおり、雨は降っていませんでしたが念のためにカッパを持ってでましたが、ゴム長まではいいだろうと走り出したらザーザー降りのあめになり、靴がビチョビチョになりました。2度あることは3度ある、そういえば昨夜も雨ガ降ってないのでカッパを持たず会議に行ったら、帰りは小雨が降っておりました。熊本では「かつて経験したことのないほどの大雨が降った」とか。「かつて経験したことのないほどの大雨」とはどんな大雨か?経験したことがないのですから誰もわからないと思いますが、その雲が九州から四国、そして近畿にやってくるらしいのですが、私は経験したことのないほどの大雨を経験したくない気持ちが90%、経験したい気持ちが10%という気持ちです。写真は9日の月曜日、定期検診に行った和歌山生協病院の駐車場で写した入道雲です。私が好きな風景は青い空にモクモクと立ち上がった入道雲です。「月曜なのにモクモクやな」と思いました。きょうはせっかくの木曜なのにモクモクなしです。(ひめだ高宏)
[PR]
by jcpsigidan | 2012-07-12 12:52 | 姫田 高宏

九ちゃん?!

 6月定例市議会は、6月29日に終わりました。日本共産党和歌山市議団は、市長が提案した承認案件1件と議案2件については、問題ありと反対し、補正予算などの議案14件と人事案件2件については賛成しました。採決の前の反対討論は、渡辺忠広市会議員が行いました。
 a0041579_18192634.jpg話は変わりますが、市役所3階は、市議会のフロアで、その中の1部屋が共産党和歌山市議団の控え室になっています。部屋の壁は本棚で覆われていますが、その本棚の上に、1枚の写真が飾ってあります。私、ひめだが、つるた至弘県議の跡継ぎとして初めて市会議員になった1991年に控え室に眠っていた写真を発見して飾ったものです。先日、議会事務局の若い職員の方が、この写真を見て『坂本九さんですか?』と聞かれたときには、思わずズルっとイスから滑り落ちそうになりました。先日、初めて控え室にお越しになった年配の男性はこの写真を見て『奥 一正さんですね』と言ってくれました。奥 一正さんは住金に勤めながら市議会に立候補し、当選しました。仕事をしながら、議員を務めたものの任期途中で病気でお亡くなりになりました。私が初めて議員に立候補するときに、それまで住んでいた和歌川の運輸省第3港湾建設局の宿舎から、塩屋にあった奥一正さんの住まい(奥さんのご家族は当時は園部にお住まいを移していました)の空き家になっていたお宅を奥さんの奥様からお借りしたのです。ご近所の方は、奥 一正さんが初めて議員に当選したときには、あらゆることを相談しに行ったということで、そのことを悔い、私が当選したときに、ご近所の方々は「あんまり無理して働くな」と言ってくれました。初当選からいままで、奥様にはたいへんお世話になりましたが、先日ご病気でお亡くなりになりました。そういうわけで、私は直接的には、つるた至弘さんの市議会の議席を引き継いだということですが、塩屋を地元とするそのルーツは奥一正さんにあるわけです。一時は、市議会の全会派に住金出身の方がいたときもありましたが、今では、渡辺忠広議員と他会派に1人いるだけになりました。(ひめだ高宏)
[PR]
by jcpsigidan | 2012-06-30 08:30 | 姫田 高宏

増税でゼイゼイ

 6月15日(金)18時30分から大新公園で、消費税増税に反対する集会が開かれました。この日は昼から労働組合や民主商工会、新日本婦人の会や年金者組合、日本共産党も参加している各界連絡会が市内各所に宣伝カーを出し、署名・宣伝行動を繰り広げ、夜の集会を持ったのです。a0041579_17364637.jpg市議会開会中の仕事に追われ、昼間の行動には参加できませんでしたが、せめて集会だけでもと共産党のノボリを持って参加しました。パラパラと雨が降っていました。集会の最初にあいさつしたのは、公園の近くでラーメン屋を開いている民主商工会の役員さんで、この方が「この時期になると毎年息が苦しくなります。少ない年金からたくさんの税金を取られるので、息がゼイゼイ言います」と切り出し、民主党政権に期待したというお客さんの話を紹介し、公約を投げ捨て密室談合で消費税増税を決めた民・自・公を批判し、国民の息の根を止める消費税増税は許せないと訴えました。新日本婦人の会、年金者組合につづき、日本共産党のくにしげ秀明衆院1区候補が決意表明。 19時からJR和歌山駅付近まで「消費税増税反対!」「増税は富裕層に」のシュプレヒコールを響かせてデモ行進をしました。(ひめだ高宏)
[PR]
by jcpsigidan | 2012-06-17 08:30 | 姫田 高宏

ビワの実

 私が生まれ育った実家の前の山には野生?!のビワの木があって、そのビワの実を子どものときには取って食べていました。もちろん肥料をやっているわけでもなく、その実は小さくて果肉に比べ種が大きく、食べるところはほとんどないようなビワでしたが、それでもその実を口にするときは、少しうれしかったと思います。そんなこともあって、私は生まれて今までビワを買ったことがありません。ビワなどは買って食べるものではないという気がしているからです。つまり売られている果肉のたっぷりした本物のビワを食べたことがないということでもありますが・・・。a0041579_15181213.jpgつい先日、知り合いの方から枝付きのビワをいただきました。私が子どもの時に食べていたビワよりは粒が大きいと思いますが、スーパーで売られているほど大きな実ではありません。いただいた方も『知り合いにもらった』と言っていましたので、たぶんどこかの家の庭でできた自家用のものだと思われます。今朝、ヨーグルトと一緒に食べたあとその残りを市議団に持って来ました。ビワを食べた南畑さんは、「甘かったのがあった」と。松坂さんも「おいしかったのもあり、ひとつひとつが個性的だった」と言ってくれました。オンリーワンは、花だけじゃないんですね。(ひめだ高宏)
[PR]
by jcpsigidan | 2012-06-16 08:30 | 姫田 高宏